E-cigarettes: A burning new HR issue — Business Management Daily: Free Reports on Human Resources, Employment Law, Office Management, Office Communication, Office Technology and Small Business Tax Business Management Daily

E-cigarettes: A burning new HR issue

Get PDF file

by on
in HR Management,Human Resources

Sooner or later, one of your employees is going to “power up” an e-cigarette in your workplace. These trendy, battery-powered devices give the user a sense of smoking by inhaling a nicotine mist. No smoke is dispersed, only vapor.

So, is this truly considered “smoking” and can you set a company policy? According to Cleveland-based employment law attorney John Hyman, “There are no laws requiring that you allow e-smoking in your workplace. Laws that prohibit smoking in the workplace are a floor, not a ceiling. You are free to ban these devices in your ­workplace, and should consider doing so.”

Because e-cigarettes do not con­­tain tobacco, they are not pro­­hibited by state and local laws banning smoking in the workplace or public buildings. Pro­­po­­nents of e-cigarettes argue that allowing ­workers to e-smoke in the workplace will improve employee productivity by eliminating the need for smoke breaks.

Advice: The National Business Group on Health suggests workplaces give these butts the boot. Reason: Nicotine is addictive in any form. E-cigarettes look similar to regular cigarettes, making it harder for employers to monitor cigarette use. And the vapor could be an annoyance to nonsmoking employees.

If you decide to stamp out “vaping” in your workplace, re­­vise your tobacco-free policy to indicate that smoking in any form through the use of tobacco products (pipes, cigars and cigarettes) or “vaping” with e-cigarettes is prohibited.

{ 3 comments… read them below or add one }

引越し見積もり 相場 March 27, 2017 at 12:30 pm

今年9月に
3ヶ月前に4社くらいに見積りしてもらい、月の後半の木曜日か金曜日の条件で出してもらいました。

価格は一番でしたが、営業マンの信頼度で決めました。
概ね、どこの営業さんも、他社の悪口を言って去りましたが、一つの会社だけ、他の引越し業者の悪口を言わず、帰った営業さんがいたのです。

その会社をある他社さんが褒めて帰りました。
結論から言うと、上記2点が、判断材料となりました。

あと、荷解きほぼ1人でしないといけなかったし、普通ダンボールは自分で処分するのが当たり前の様ですが、引き取ってくれるというサービスがポイントとなりました(^_^)

値段は、見積りでは2番目か3番目に安い位でした。全社比較した結果、他の会社さんは、この金額だったけど、もう少し頑張ってもらえない?と、お願いし、交渉しましたよ。

値段だけで選ぶと、痛い目にあいますから、納得の作業内容で選ぶといいと思います。

またよく言われる、引越し料金の相場なんてないですよ。
要望が多ければ多い程、値段は下がりにくくなるのが現実です。
最後は自分が納得できるか、できないかだと思います。
引っ越しは安かろう悪かろうです。

個人的には安い会社は最悪でした・・・(涙)

比較している際に、引越業者さんの話を聞いていると、他の会社は▲▲円で受けてくれると言われた (御社はどこまで下げてくれるの?もっと下げてよ!) という人がいますが、あまりにもありえない金額を提示してくる非常識な人には、当然ですが「無理ですね!」と断ります。

そんな非常識な人の引っ越し作業をそこまでして受ける必要がないのです。
そういう理由から、受けない人もたくさんいます。

他社さんは■■円で作業してくれる!(そうですか!では、その業者さんでどうぞ!ご自由に)って思いますね。正直(汗)

この感覚は、引越業者さんとしては、本当に普通のこと。日常茶飯事みたいです。

Reply

Rabbit November 7, 2013 at 1:05 pm

Many companies are taking this lazy path. “We don’t understand it, so we’re banning it.” Typical corporate shortcutting.

Reply

Amber October 17, 2013 at 6:49 am

Great advice

Reply

Leave a Comment

Previous post:

Next post: